「出版社の仕事って、奇跡みたいだ」――これは、編集一筋33年のあるベテラン社員の言葉です。
その理由は、人と出会い、人と人とを結び付けることで自分1人ではできない面白いものを作り出すことができるから。
今日も会社のあちこちで才能と才能がぶつかり合い、奇跡が生まれている光文社。その鳥肌が立つような瞬間を社員がご紹介します。